読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

剣と魔法のログレス いにしえの女神を楽しむブログ 弐

何度もスマホログレスいにしえの女神を離れたりしていまだに初心者レベルを脱していないですが、素敵な人たちに囲まれて楽しくログレスをプレイしています。twitterは乗っ取られてしまいましたw

ログレス 覇軍の戦鋼を使うなら闇ブレイカーがオススメ


SPONSORED LINK

私はフレンドさんに聞くまで知らなかったのですが、最近は覇軍の戦鋼を使う人はブレイカーでやる場合が多いようですね♪

ダメージリミット+910%を考えると単体最高火力になる覇軍の戦鋼ですが、一発の威力ではどうしても回数を重ねるマーセナリーやブレイカーに火力が劣ってしまいますよね。


強いボスと戦うためには必殺スキルの回数とリロードが大きく左右してきますので、出来るなら覇軍の戦鋼も多段にして多くのダメージを1度に重ねたいところです。
私もメタル以外での覇軍の戦鋼の使い道を考えていたところフレンドさんにこの方法を教えてもらいました☆
今回の脇役はこのかた!

f:id:sumahobonzin:20150901202455j:plain


ダーインスレイブです。
このかた自体も立派に必殺火力をぶっ放すのですが、注目すべきはこれですね!

 

 

f:id:sumahobonzin:20150901202511j:plain


はい。
究極スキルの場合単体必殺攻撃を+2してくれるんです。
なのでダーインスレイブを放ったあとにゴッドオーガを打ち込めば攻撃回数3回になるということです。
ちなみに至高は単体必殺攻撃+1で、私は至高しかもっていません。
この画像はフレンドさんのものですw
じゃあ究極のダーインスレイブ2本持ちすればゴッドオーガ5回になるの?と思いますよね。
これについては私の貧弱装備で検証しながらみていくことにしましょうw

 

 

f:id:sumahobonzin:20150901202537j:plain

まず左からダーインスレイブ至高2本、御使い、闇女神、覇軍の順番です。
この組み合わせは人によって覇軍2本持ちとかあるでしょうから参考程度にしてください☆
ダーインスレイブも覇軍の戦鋼も必殺スキルの属性は闇なので見た目が光でも関係ありません。
まずは順調に御使い→闇女神を放っていきます。
この順序が逆だと全ての必殺スキルを放つのにEPがまわりませんw
で、攻撃回数の上がるダーインスレイブを2発。

 

 

f:id:sumahobonzin:20150901202621j:plain


これで単純に考えればゴッドオーガ1発に+1+1で3回攻撃になるはずですよね?
結果は…

 

f:id:sumahobonzin:20150901202638j:plain


なんでしょう?バグなのですかね?
こういう仕様なのでしょうか。
どう見ても2回分です。
他の人が使ってるのを見たらちゃんと5回になっている気がしたのですが…
というわけでこれが正しい結果ならばダーインスレイブは1本だけもって覇軍の数を増やしたほうがよいことになりますね。
また覇軍の戦功においても至高改と究極ではレベル70で解放されるダメージのパーセンテージが違うので望むのはどちらも究極になります。

 

とりあえずどちらも究極をもってフルにダメージを出したとして一発300万だと仮定したら3回の多段なので1度に900万ダメージを与えられることになりますよね♪
そしてリロードは一分。
風マセが火力をはなっていった場合は1発60万ほどを5回になるので1度に与えるダメージが300万。ですがエレメント斧のリロードが25秒なので1分の間に与えられるダメージは600万ほど。
同様に火マセが最大火力で1発100万ほどを5回だとすると1度に与えるダメージが500万で、エレメント斧だとして1分に与えられるダメージは1000万になりますね♪
もちろんバフがありリミットを解除した状態でのお話ですので同じ場面で検証するのは難しいとは思いますし、与えるダメージも覇軍で一発800万を3回たたき出すこともあるでしょう。
なのでどれが今現在最高の火力か?というお話ではなく、こんな闇ブレイカーの使い道も面白いというお話です。

 

ただ闇ブレイカーをやってみて思ったデメリットは、スキルを全て放つとEPがなくなってしまうのがつらかったですね。
しっかり60秒まてば女神がまた使えますしEPの補充ができるのですが、ブレイカーは敵の攻撃が当たってしまうと痛いのでその間立っているのが問題でしたねw
それに60秒まってもダーインスレイブの必殺スキルはリロード120秒なので2セット目からはしばらく覇軍単体でのダメージになっていまいます。
なので一気にバフを集められて最大ダメージやってやるぅという時にこの方法は面白いかもしれませんね♪

 

スポンサーリンク